フォト

応援クリックお願いします。m(_ _)m

  • クリック募金にご協力を
  • 「ニュース批評」のバナー
    にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
  • 「ニュース」のバナー
    にほんブログ村 ニュースブログへ
  • Blog Rankingのバナー
    人気ブログランキングへ
  • blogramのバナー
    blogram投票ボタン
  • アクセスカウンターや時計、ブログのエントリに応じて変化する面白いパーツです!
無料ブログはココログ

« 初めてだから…? | トップページ | 首相、震災後初の外食「ゆっくりした」…? »

2011年5月 2日 (月)

災害対策とスーパー堤防の建設

震災で亡くなられた方のご冥福をお祈りいたしますとともに、被災された方々、ご家族・ご関係者の方々に心よりお見舞い申し上げます。

1日も早く復旧・復興しますよう、ともに頑張っていきましょう!

頑張ろう、東北っ!

頑張ろう、日の出ずる国、日本っ!

Sunrise2009010112

 

昨日の記事でも述べたが、国の非常事態に緊張感のない政治家たちは新生日本には、全く必要ない。

自分たちがこれまで行ってきた政治活動において不足する財源、例えば震災復興のためのものや被災した方々の支援のために必要な財源を増税でカバーするようでは我々国民は大変困る。

個人的に直面している問題としては、上がらない給与(むしろ減給されている)に対し、子供手当が支給されているからという理由で所得税が値上げされているということだ。この上さらに増税されたのでは、どうやって生活していけというのだ? それこそ生活保護を受けたいくらいだ。

原発問題にしても、まだまだ先の見えない状況にある中、社長をはじめとする役員の報酬カット、社員の給与カットで保証金に充てようとしている。これに政治家たちの莫大な報酬(給与)のカットはないのだろうか?

この事態を引き起こした責任を取らず、自分たちは安穏とした暮らしを続け、国民にはこの難局をともに乗り越えましょうなどとうそぶいている。

こんなことが許されるのだろうか?

いつから日本人はこんなことを許せる国民になり下がったのか? このままでは、国のために散っていった先人たちに申し訳が立たぬ。 大和の祖先に申し訳が立たぬ。

他人事、無関心、ではいられないはずである。彼らのやっていることは、我が事として考えなければならぬ。いつまでも愚かな者たちに好きなようにされていてはならぬ。

このような悲劇を二度と繰り返さないために、まずしなければならないこと。

one 経済が疲弊しないよう、率先して消費活動に専念すべし。買いだめなどとんでもない話である。

two どんな災害が来ても耐えることのできる、防災対策計画を一刻も早く確立すること。石原都知事のおっしゃる「スーパー堤防計画」を即実行すべし。もちろん都市災害対策も各自治体で見直しし、再構築する必要がある。現行のものでは、また「想定外」で逃げられてしまう。

three 震災地の復旧・復興活動に対し、誰もがボランティア活動として参加できるような社会的システムを作ること。例えば、企業においては、月の休日の数日をその活動に充てられるように公休扱い(有給)とできるのもよいかもしれない。東北への支援は短期では終わらない。故に、長期に渡り支援できる体制を作ることが急務である。考え方としては、短期の徴兵制のようなスタイルでもよいのではないかと思う。

four 9.11米国のテロ事件で崩壊した世界貿易ビルの跡地に「グランドゼロ記念碑(?)」が作られたように、震災地で現状をそのまま保存した「津波ミュージアム」(津波の恐ろしさと、その悲惨さを後世に語り継ぐもの)を建設し、その入館料が復興の元となるようにする。

five 他国からの脅威、例えば、尖閣諸島をはじめとする領土問題に対する脅威を排除すべく」、自国防衛のシステムの改編を行うこと。(憲法解釈の改編)  また、いつの日か災害は再びとやってくることは間違いないので、先だって米国空母が支援に来てくれたように、自国でも救援活動が即時実行できるように、空母を数隻持つことも必要だと考える。

six 教育制度の見直し。戦後、我々が受けてきた詰め込み教育は、そもそも無意味である。国を敬い、天皇を敬い、老人を敬う。それが当たり前の国であったのが日本だ。特に、老人の経験や教えは、そのまた先のご先祖様から受け継いできたものも含まれる。それを我が糧とできるような教育制度作りを目指すべきである。もちろん、科学・技術の進歩に準じた教育も必要不可欠である。伝統の上に成り立った、新しい世界を作りゆく子どもたちを正しく導く教育制度を考えるべきである。

 

他にいくつもあるが、優先度の高いと考えられるものを挙げてみました。ご同意いただける方や、ご意見のある方もいらっしゃると思います。薄学な私の物言いだけでは、世を動かすことができません。より良い日本を再建するためにも、皆様、どうぞ、お気軽にコメントください。

« 初めてだから…? | トップページ | 首相、震災後初の外食「ゆっくりした」…? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1047411/39839439

この記事へのトラックバック一覧です: 災害対策とスーパー堤防の建設:

« 初めてだから…? | トップページ | 首相、震災後初の外食「ゆっくりした」…? »