フォト

応援クリックお願いします。m(_ _)m

  • クリック募金にご協力を
  • 「ニュース批評」のバナー
    にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
  • 「ニュース」のバナー
    にほんブログ村 ニュースブログへ
  • Blog Rankingのバナー
    人気ブログランキングへ
  • blogramのバナー
    blogram投票ボタン
  • アクセスカウンターや時計、ブログのエントリに応じて変化する面白いパーツです!
無料ブログはココログ

« 2011年8月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年4月

2012年4月17日 (火)

反論

実に、久しぶりの投稿です。

まずは、反論から…

昨年6月に、福島原発の事故について、

当時の西山審議官の報道に対する意見を述べた記事があった。

国の長もさることながら、その下の人間もかくありと批判したが、

それに対し、とんでもないコメントがついた。

以下が、その文面である。

西山も人の子。仕事とプライベートは別だろ。こいつは自分の職務は全うしていただろうに、逆にプライベートで更迭されるなんて可哀想と思わないか?そんな事もわからないで批判しているお前に大して、胸糞が悪くなるわ。

国家の一大事に女遊びをしているようでは困るのだが、これに対し、

「人の子」、「プライベート」をキーワードに是としてしまう考え方に大いなる疑問を持つ。

人の子なら何をしても許されるのか?

人の子だからこそ、過ちを正しながら生きてゆかなければならないのではないか?

パブリックであろうが、プライベートであろうが、

直面している危機=国の存亡がかかっている時期に

プライベートなどといっている方がおかしい。

「今、何とかしなければならない!」

という気概を感じないではないか。

コメントを入れた彼については、

戦後の「個人主義教育」の悪い見本とでもしておくか…

しかし、そんな生易しいことではない。

このような人物がいるから、今の日本が訳の分からない状態となっている。

えらそうだとか何とか言われようと、

なんとしてもこのようなことは正していかなければ、日本の未来はない。

« 2011年8月 | トップページ | 2012年11月 »