フォト

応援クリックお願いします。m(_ _)m

  • クリック募金にご協力を
  • 「ニュース批評」のバナー
    にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
  • 「ニュース」のバナー
    にほんブログ村 ニュースブログへ
  • Blog Rankingのバナー
    人気ブログランキングへ
  • blogramのバナー
    blogram投票ボタン
  • アクセスカウンターや時計、ブログのエントリに応じて変化する面白いパーツです!
無料ブログはココログ

« 古事記のうんちく(3) … 産経新聞より | トップページ | 古事記のうんちく(5) … 産経新聞より »

2012年11月28日 (水)

古事記のうんちく(4) … 産経新聞より

驚異の記憶力、稗田阿礼

 

新しい国づくりを目指した天武天皇が、古事記の原型となる国の成り立ちや
天皇の系譜を暗記させたのが、稗田阿礼(ひえだのあれ)だった。
舎人(とねり)という下級役人ながら、飛び抜けた記憶力と才能が見込まれ、
わずか28歳での大抜擢だった。

 ただし、阿礼の名は古事記の序文に見られるだけ。
「男性か女性かもわからないほど謎が多いが、
極めて優秀な若者だったことは間違いない。」
阿礼の出身地とされる奈良県大和郡山市稗田町の
賣太(めた)神社宮司、藤本保文さん(65)は話す。

編纂作業は686年の天武天皇の死で中断したが、
711年に天武の姪・元明天皇の指示で、
阿礼が読み上げたものを太安万侶(おおのやすまろ)が
聞き書きし、翌年完成した。

作業が25年間も中断し、正しく覚えていたのかと不安になるが、
阿礼について古事記は 「目に度(わた)れば口に誦(よ)み、
耳に降れば心にしるす」(一度目や耳にしたことは忘れなかった)
と驚異的な記憶力を記している。

「阿礼がいなかったら、古事記は完成しなかったでしょう。」
と藤本さん。
「古事記にたくさんの神様の名前が並ぶのは、古代の人たちが
神様を大切にしていた証し。先人の深い考えや生き方を学ぶことができる
貴重な書物を、阿礼は残してくれたんです」 と話す。

今の語り部や記憶力の神様と信じられ、賣太(めた)神社には
合格祈願などの参拝者が絶えない。
大和郡山市では毎年2月、阿礼にちなんで「記憶力日本選手権大会」
も開かれ、数字や短文の暗記力を競うため全国から200人以上が集まる。
(編集委員 小畑三秋)

                            以上、産経新聞より転載

 

 

最近は、ちょっとしたことでもすぐ忘れてしまうようになった。
年と言って片付けたくはない。
阿礼のような驚異的な記憶力とまでは言わないが、
少なくとも「あれ、何だっけ…?」ということだけはないようにしたい。

 

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

にほんブログ村

blogramによるブログ分析 応援クリックありがとうございます。happy01

 

« 古事記のうんちく(3) … 産経新聞より | トップページ | 古事記のうんちく(5) … 産経新聞より »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1047411/48002751

この記事へのトラックバック一覧です: 古事記のうんちく(4) … 産経新聞より:

« 古事記のうんちく(3) … 産経新聞より | トップページ | 古事記のうんちく(5) … 産経新聞より »