フォト

応援クリックお願いします。m(_ _)m

  • クリック募金にご協力を
  • 「ニュース批評」のバナー
    にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
  • 「ニュース」のバナー
    にほんブログ村 ニュースブログへ
  • Blog Rankingのバナー
    人気ブログランキングへ
  • blogramのバナー
    blogram投票ボタン
  • アクセスカウンターや時計、ブログのエントリに応じて変化する面白いパーツです!
無料ブログはココログ

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月19日 (水)

古事記のうんちく(7) … 産経新聞より

神がかりの櫛 神話を彩る「小道具」

 

最愛の妻、イザナミノミコトが忘れられず、黄泉の国まで会いに行ったイザナギノミコト。
頭に指していた櫛の歯を折ってろうそく代わりに火をともすと、
体中にウジがわいて変わり果てた妻の姿が浮かび上がった。
驚いたイザナギは逃げ出し、黄泉の国から追手を振り払おうと
櫛の歯を投げると、タケノコになった。
追手たちが食べている隙に逃げのびることができた。

死者が眠る禁断の世界、黄泉の国への出入りの際に
重要な役割を果たしたのが、櫛の歯だった。

イザナギの息子、スサノオノミコトによるヤマタノオロチ退治の伝説でも、
いけにえにされる運命だったクシナダヒメを櫛に変えて自らの頭にさすなど、
櫛は神話の要所で重要な小道具として登場する。

髪をとく櫛がなぜ? 答えは縄文時代にさかのぼりそうだ。
福井県若狭町の鳥浜貝塚では縄文前期(5千~6千年前)の赤い漆塗りの櫛が
出土するなど、櫛は古代から使われ、特別に装飾されたものが多かった。

「古代人は、いくら切っても永遠に伸びる髪を生命の象徴のように感じた。
髪を整える櫛にも神秘の力が宿ると信じ、装飾を施したのだろう」と話すのは、
縄文時代に詳しい大阪府教委の渡邊昌宏参事。
京都教育大の和田萃(あつむ)名誉教授(古代史)も「神話に櫛が登場するのは、
縄文時代からの信仰と結びついたからではないか」と指摘する。

櫛の歯が欠けると縁起が悪い-。現代でもこうした言い伝えがある。
百円ショップで手軽に買えるようになった櫛には、実は聖なる力が秘められていた。

(編集委員 小畑三秋)

 

以上、産経新聞より転載。

 

 

櫛を持って黄泉の国へ亡き妻を追って行くという話は
昔、父から聞かされたことがある。
ちょっとホラーな話だったのでとても怖かったのを覚えている。

また、ヤマタノオロチを退治する話もとても面白おかしく話してくれた。

このような神話を、子供心にとても興味深い思いで聞いていた。

同じ話を何度も繰り返し聞いていたので、
おおよそのストーリーは今でも覚えている。

現在では、このような神話を話してくれるような人がいなくなった。
寂しい限りである。

 

 

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村

blogramによるブログ分析 応援クリックありがとうございます。happy01

 

2012年12月18日 (火)

東京都知事選と衆議院選

選挙から2日経った。

 

昨日、仕事場の仲間の何人かに選挙に行ったか聞いてみた。

理由は、ニュースで投票率が50%以下という事実を確かめたかったからだ。
まさか、そんなはずはないという思いがあった。

ところが、ニュースは事実を物語っていた。
実にショックであった。

選挙に行かなかった理由を聞くと・・・

Aさん : 今回は、様子見で。

Bさん : 誰に投票しても何も変わらないから、行っても無駄です。

これ以上、聞く気にはなれなかった。

 

今回の選挙はこれからの日本を決定ずける
重要なターニングポイントであったと思う。

この時点で一国民としての義務を
果たそうとしない人間がいることに驚いた。

結局このような人たちは時代の変化についていけないまま
人生を終わってしまうのであろう。

 

 

もっと驚いた人物がいた。
投票したけど全く意味を理解していなかったようである。

投票所にポスターが貼ってあると思ったそうで、
名前ではなく、顔で覚えていたとのこと。

結局どうしたかと言うと、名前と顔が一致しなかったので
名前の書いてある表を見て、一番右の人の名前を書いたそうだ。

所属する政党もわからず、名前もわからず、
適当に書いて投票したということになる。

投票しなかった人よりも、性質が悪い。

その票が、民意としての1票としてカウントされてしまったことになる。

よくよく聞くとこれまで選挙で投票したことがなく、
今回が初めてだったとのこと。最悪である。

 

このような人たちがどのくらいいるのであろうか?
真剣に考えて票を投じた人たちもいるのに
とんでもない話である。
AKBの人気投票ではないのだ。

 

 

 

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村

blogramによるブログ分析 応援クリックありがとうございます。happy01

 

 

2012年12月12日 (水)

古事記のうんちく(6) … 産経新聞より

えべっさん  海に流された神「水蛭子」

イザナギノミコト(男神)とイザナミノミコト(女神)による国生みの際、
最初に誕生したのが「水蛭子(ひるこ)」だった。
しかもきちんとした子ではなかったため、葦の船に乗せて海に流された。
改めて2神が交わると、淡路島や本州などが誕生したが、
水蛭子のその後について古事記は何も記していない。

この水蛭子が平安時代に突如としてよみがえり、
商売繁盛の神「えべっさん」となったことは、
意外に知られていない。
「蛭児(ひるこ)大神」としてまつるのは、新春の境内を疾走する
「福男選び」で知られる西宮神社(兵庫県西宮市)だ。

「水蛭子という、海に流された神様がなぜ福の神になったのか。
本当に不思議なお力を感じます。」と話すのは吉井昭宮司(61)。
神社の由緒によると平安時代ごろ、西宮・鳴尾の漁師が
神戸の和田岬沖で漁をしていると、神像が網にかかったため
家で大切に祭った。
すると、漁師の夢枕にこの神が現れ、
「私は蛭児の神である。丁寧に祭ってもらってありがたいが、
もっと西方の良い宮地がある」
と告げた。両氏は神像を神輿(みこし)に乗せて西へ向かい、
現在の西宮神社に祭ったという。

当初は海の神だったが、宿場町として市が開かれていた西宮では、
商売の神として信仰を集めるようになった。
「水蛭子は、最初にお生まれになった尊い神様であるにもかかわらず、
流されたしまった。それを後の人たちがお救いして、あがめたんです。」
と吉井宮司。
「日本人の心の温かさ、優しさを感じます。」

(編集委員 小畑三秋)

              2012.10.25 産経新聞より、転載    

 

 

神様がお生まれになった子を海に流すという神話は
何かの戒めとは思うが、衝撃的な話である。

現代でも我が子をまともに育てもせず、虐待したあげくに
殺してしまうようなことがあるが、とんでもない話である。

しかし、宮司がお話しているとおり、本来の日本人は
このように神をあがめ、きちんとお祭りするという心があり、
温かさや優しさを持っていたはずである。

いつの頃からか、この心はなくなってしまい、
鬼のような冷たい日本人が増えた。
いや、「鬼の目にも涙」ということわざがあるが、
鬼よりも恐ろしい怪物になり果てたのかもしれない…

どうか、1日も早く昔のような心を持った日本人に
戻ってほしいものである。

 

間もなく、衆議院議員選挙や東京都知事選挙の投票日となるが
輝く未来を築くためにも、ふさわしい人物や政党に1票を投じたい。
また、少ないながらも読者諸氏にも必ず選挙にて投票されることを
強くお願いする。

国民が誇れる国とならんことを!

 

 

 

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村

blogramによるブログ分析 応援クリックありがとうございます。happy01

 

 

2012年12月 5日 (水)

古事記のうんちく(5) … 産経新聞より

「この漂える国を造り固めよ」。地上世界が混とんとしていた時、高天原の神々から「国生み」を命じられたのが、イザナギノミコト(男神)とイザナミノミコト(女神)だった。
2神は天と地を結ぶ「天の浮き橋」に立ち、「こおろこおろ」と海をかき混ぜると、したたり落ちた潮水が積もって島ができた。この島に降り、柱を互いに逆方向にまわって交わった。

「あなにやし、えをとこを(なんと素晴らしい男性でしょう)」。女神のイザナミが先に声をかけると、きちんとした島ができなかった。

「国生みがうまくいかなかったのは、女性が男性をリードしたから。古事記の記述は男尊女卑」。そんな見方もあるが、決してそうではない。

「男女の成長の違いを反映しているのです」と指摘するのは、イザナギをまつる兵庫県淡路市の伊弉諾(いざなぎ)神宮宮司、本名孝至さん(67)。「国生みを命じられた時、2神はまだ中高生のように若かった。心も体も成熟していない段階で、発達の早い女性から声をかけて交わることを戒めているんです」と説く。

今度はイザナギが先に呼びかけると、淡路島や九州、本州などが次々と誕生した。「男性が成長するまで互いに待つことで、健全な島が生まれたんです」

同神宮では、男女2神が柱を回って交わったという国生み神話にならった神話婚が行われている。本名さんは挙式の際、必ず、新郎新婦に古事記に込められた意味をこう語りかける。「心身のバランスを保って、家庭を営んでください。立派な子供が生まれますよ。」

(編集委員 小畑三秋)

産経新聞より転載

 

国生みの2神の神話は、何度か聞いたことがあるが、宮司の仰るような意味があるとは知らなかった。

なるほど、やはり「神の国、日本である」とうなずける話である。

 

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村

blogramによるブログ分析 応援クリックありがとうございます。happy01

 

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »