フォト

応援クリックお願いします。m(_ _)m

  • クリック募金にご協力を
  • 「ニュース批評」のバナー
    にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
  • 「ニュース」のバナー
    にほんブログ村 ニュースブログへ
  • Blog Rankingのバナー
    人気ブログランキングへ
  • blogramのバナー
    blogram投票ボタン
  • アクセスカウンターや時計、ブログのエントリに応じて変化する面白いパーツです!
無料ブログはココログ

« 東京都知事選と衆議院選 | トップページ | 日本人の鑑(かがみ) »

2012年12月19日 (水)

古事記のうんちく(7) … 産経新聞より

神がかりの櫛 神話を彩る「小道具」

 

最愛の妻、イザナミノミコトが忘れられず、黄泉の国まで会いに行ったイザナギノミコト。
頭に指していた櫛の歯を折ってろうそく代わりに火をともすと、
体中にウジがわいて変わり果てた妻の姿が浮かび上がった。
驚いたイザナギは逃げ出し、黄泉の国から追手を振り払おうと
櫛の歯を投げると、タケノコになった。
追手たちが食べている隙に逃げのびることができた。

死者が眠る禁断の世界、黄泉の国への出入りの際に
重要な役割を果たしたのが、櫛の歯だった。

イザナギの息子、スサノオノミコトによるヤマタノオロチ退治の伝説でも、
いけにえにされる運命だったクシナダヒメを櫛に変えて自らの頭にさすなど、
櫛は神話の要所で重要な小道具として登場する。

髪をとく櫛がなぜ? 答えは縄文時代にさかのぼりそうだ。
福井県若狭町の鳥浜貝塚では縄文前期(5千~6千年前)の赤い漆塗りの櫛が
出土するなど、櫛は古代から使われ、特別に装飾されたものが多かった。

「古代人は、いくら切っても永遠に伸びる髪を生命の象徴のように感じた。
髪を整える櫛にも神秘の力が宿ると信じ、装飾を施したのだろう」と話すのは、
縄文時代に詳しい大阪府教委の渡邊昌宏参事。
京都教育大の和田萃(あつむ)名誉教授(古代史)も「神話に櫛が登場するのは、
縄文時代からの信仰と結びついたからではないか」と指摘する。

櫛の歯が欠けると縁起が悪い-。現代でもこうした言い伝えがある。
百円ショップで手軽に買えるようになった櫛には、実は聖なる力が秘められていた。

(編集委員 小畑三秋)

 

以上、産経新聞より転載。

 

 

櫛を持って黄泉の国へ亡き妻を追って行くという話は
昔、父から聞かされたことがある。
ちょっとホラーな話だったのでとても怖かったのを覚えている。

また、ヤマタノオロチを退治する話もとても面白おかしく話してくれた。

このような神話を、子供心にとても興味深い思いで聞いていた。

同じ話を何度も繰り返し聞いていたので、
おおよそのストーリーは今でも覚えている。

現在では、このような神話を話してくれるような人がいなくなった。
寂しい限りである。

 

 

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村

blogramによるブログ分析 応援クリックありがとうございます。happy01

 

« 東京都知事選と衆議院選 | トップページ | 日本人の鑑(かがみ) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1047411/48375854

この記事へのトラックバック一覧です: 古事記のうんちく(7) … 産経新聞より:

« 東京都知事選と衆議院選 | トップページ | 日本人の鑑(かがみ) »