フォト

応援クリックお願いします。m(_ _)m

  • クリック募金にご協力を
  • 「ニュース批評」のバナー
    にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
  • 「ニュース」のバナー
    にほんブログ村 ニュースブログへ
  • Blog Rankingのバナー
    人気ブログランキングへ
  • blogramのバナー
    blogram投票ボタン
  • アクセスカウンターや時計、ブログのエントリに応じて変化する面白いパーツです!
無料ブログはココログ

« 古事記のうんちく(6) … 産経新聞より | トップページ | 古事記のうんちく(7) … 産経新聞より »

2012年12月18日 (火)

東京都知事選と衆議院選

選挙から2日経った。

 

昨日、仕事場の仲間の何人かに選挙に行ったか聞いてみた。

理由は、ニュースで投票率が50%以下という事実を確かめたかったからだ。
まさか、そんなはずはないという思いがあった。

ところが、ニュースは事実を物語っていた。
実にショックであった。

選挙に行かなかった理由を聞くと・・・

Aさん : 今回は、様子見で。

Bさん : 誰に投票しても何も変わらないから、行っても無駄です。

これ以上、聞く気にはなれなかった。

 

今回の選挙はこれからの日本を決定ずける
重要なターニングポイントであったと思う。

この時点で一国民としての義務を
果たそうとしない人間がいることに驚いた。

結局このような人たちは時代の変化についていけないまま
人生を終わってしまうのであろう。

 

 

もっと驚いた人物がいた。
投票したけど全く意味を理解していなかったようである。

投票所にポスターが貼ってあると思ったそうで、
名前ではなく、顔で覚えていたとのこと。

結局どうしたかと言うと、名前と顔が一致しなかったので
名前の書いてある表を見て、一番右の人の名前を書いたそうだ。

所属する政党もわからず、名前もわからず、
適当に書いて投票したということになる。

投票しなかった人よりも、性質が悪い。

その票が、民意としての1票としてカウントされてしまったことになる。

よくよく聞くとこれまで選挙で投票したことがなく、
今回が初めてだったとのこと。最悪である。

 

このような人たちがどのくらいいるのであろうか?
真剣に考えて票を投じた人たちもいるのに
とんでもない話である。
AKBの人気投票ではないのだ。

 

 

 

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村

blogramによるブログ分析 応援クリックありがとうございます。happy01

 

 

« 古事記のうんちく(6) … 産経新聞より | トップページ | 古事記のうんちく(7) … 産経新聞より »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1047411/48375615

この記事へのトラックバック一覧です: 東京都知事選と衆議院選:

« 古事記のうんちく(6) … 産経新聞より | トップページ | 古事記のうんちく(7) … 産経新聞より »