フォト

応援クリックお願いします。m(_ _)m

  • クリック募金にご協力を
  • 「ニュース批評」のバナー
    にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
  • 「ニュース」のバナー
    にほんブログ村 ニュースブログへ
  • Blog Rankingのバナー
    人気ブログランキングへ
  • blogramのバナー
    blogram投票ボタン
  • アクセスカウンターや時計、ブログのエントリに応じて変化する面白いパーツです!
無料ブログはココログ

« 古事記のうんちく(4) … 産経新聞より | トップページ | 古事記のうんちく(6) … 産経新聞より »

2012年12月 5日 (水)

古事記のうんちく(5) … 産経新聞より

「この漂える国を造り固めよ」。地上世界が混とんとしていた時、高天原の神々から「国生み」を命じられたのが、イザナギノミコト(男神)とイザナミノミコト(女神)だった。
2神は天と地を結ぶ「天の浮き橋」に立ち、「こおろこおろ」と海をかき混ぜると、したたり落ちた潮水が積もって島ができた。この島に降り、柱を互いに逆方向にまわって交わった。

「あなにやし、えをとこを(なんと素晴らしい男性でしょう)」。女神のイザナミが先に声をかけると、きちんとした島ができなかった。

「国生みがうまくいかなかったのは、女性が男性をリードしたから。古事記の記述は男尊女卑」。そんな見方もあるが、決してそうではない。

「男女の成長の違いを反映しているのです」と指摘するのは、イザナギをまつる兵庫県淡路市の伊弉諾(いざなぎ)神宮宮司、本名孝至さん(67)。「国生みを命じられた時、2神はまだ中高生のように若かった。心も体も成熟していない段階で、発達の早い女性から声をかけて交わることを戒めているんです」と説く。

今度はイザナギが先に呼びかけると、淡路島や九州、本州などが次々と誕生した。「男性が成長するまで互いに待つことで、健全な島が生まれたんです」

同神宮では、男女2神が柱を回って交わったという国生み神話にならった神話婚が行われている。本名さんは挙式の際、必ず、新郎新婦に古事記に込められた意味をこう語りかける。「心身のバランスを保って、家庭を営んでください。立派な子供が生まれますよ。」

(編集委員 小畑三秋)

産経新聞より転載

 

国生みの2神の神話は、何度か聞いたことがあるが、宮司の仰るような意味があるとは知らなかった。

なるほど、やはり「神の国、日本である」とうなずける話である。

 

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村

blogramによるブログ分析 応援クリックありがとうございます。happy01

 

« 古事記のうんちく(4) … 産経新聞より | トップページ | 古事記のうんちく(6) … 産経新聞より »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1047411/48088028

この記事へのトラックバック一覧です: 古事記のうんちく(5) … 産経新聞より:

» ケノーベルからリンクのご案内(2012/12/06 11:22) [ケノーベル エージェント]
淡路市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« 古事記のうんちく(4) … 産経新聞より | トップページ | 古事記のうんちく(6) … 産経新聞より »