フォト

応援クリックお願いします。m(_ _)m

  • クリック募金にご協力を
  • 「ニュース批評」のバナー
    にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
  • 「ニュース」のバナー
    にほんブログ村 ニュースブログへ
  • Blog Rankingのバナー
    人気ブログランキングへ
  • blogramのバナー
    blogram投票ボタン
  • アクセスカウンターや時計、ブログのエントリに応じて変化する面白いパーツです!
無料ブログはココログ

スポーツ

2011年6月 6日 (月)

ありがとう、菅直人首相

産経ニュースを見ていたら、

とても痛快で笑いが止まらなかった記事があった。

このような風刺は個人的には大好きで、

私自身もこのような気の利いた文章を書くことができれば良いのだが、

どうも才が無いのでそのまま転記させていただく。

 

 

【一筆多論】

乾正人 ありがとう、菅直人首相

 さすが、菅直人首相だ。まずは、彼の粘り腰を絶賛したい。

 小紙は2日付朝刊最終版1面で、「不信任案可決の公算」の大見出しを掲げた。

 民主党の小沢一郎元代表率いるグループが1日夜に70人を集めて内閣不信任案可決へ向けて気勢をあげただけでなく、鳩山由紀夫前首相も賛成票を投じる意向を示した。さらに、記者たちの夜回り取材によって、小沢グループ以外の菅首相に批判的な議員の一部も棄権する意思を固めていることがわかり、あわせれば可決に必要な過半数ラインを超えたからだ。

 普通ならここで一巻の終わりとなる。平成5年、当時の宮沢喜一首相は、不信任案可決を粛々と受け入れて衆院を解散した。結果は自民党が敗北し、非自民政権が誕生した。その故事を反面教師にした首相は、粘りに粘り、可決を否決にひっくり返した。もちろん、策略家としての腕も一級品だ。

 東日本大震災の被災地は選挙どころでないのは百も承知の上で、側近を使い「不信任が可決されたら首相は解散の腹を固めている」という情報を流した。これに、選挙基盤の弱い多くの若手議員が浮足立った。

 交渉術もなかなかのものだ。

 不信任案賛成の意向を示したものの、衆院解散・総選挙を恐れるグループの側近連中から浮いていた鳩山氏に目をつけ、「震災の取り組みに一定のめどがついた段階で」退陣を約束する代わりに寝返らせることに成功した。この「一定のめど」がくせもので、鳩山氏は今月中ととったが、首相にはさらさらその気はない。それが証拠に2人が交わしたという覚書には、「退陣」の「た」の字もない。

 お金持ちで坊ちゃん育ちの鳩山氏はもともと詰めが甘いので有名だが、この場面でも遺憾なく発揮された。「嘘も方便」を信条としている(と思う)首相の一本勝ちである。

 鳩山氏を寝返らせたことで、小沢元代表を孤立させ、今回の反乱劇の「首謀者」である小沢氏の行動を封じ、欠席せざるを得ない状況に追い込んだのも見事な技である。おかげで結束を誇った小沢グループも不信任案への対応は、賛成、反対、欠席の3つに分かれ、内部に深い溝を残した。

 粘り腰が強く、策略家でもある首相は、交渉術にもたけている。そんな政治家としての美点が多い菅首相が、なぜ支持率が2割台で低迷するほど人気がなく、与党が全員一致して不信任案に反対しなかったのか。

 理由は星の数ほどあるが、首相として「歴史に名を残したい」という意欲があまりにも強すぎるからだろう。

 しかし、もう心配には及ばない。東日本大震災と東京電力福島第1原発事故への対応ぶりは十分、世界史に残るものとなった(どちらの意味でかは、賢明な読者ならおわかりだろう)。

 あとは一刻も早く見事な出処進退を示すだけだ。そのときは、「ありがとう、われらの菅直人」と書いてみたい。まあ、それはオーストラリアで鯨肉を買うほど難しいだろうが。(論説委員)

 

 

さすが、文章を書くプロである。今もこの記事を投稿しながら、おかしくて1人でニヤニヤしている。

とにかく、1日も早く震災に遭われた方々に、国から本当の意味での救いの手が差し伸べらられることを切に願うものである。

 

最後になってしまいましたが、震災にて亡くなられた方々のご冥福をお祈りしますと共に、被災された方々、そのご家族・ご関係者の方々に心よりお見舞い申上げます。

1日も早く、復旧・復興しますよう、一緒にがんばりましょう!!

 

2010年3月 3日 (水)

次なる目標へ、羽ばたく選手たち…

バンクーバー冬季五輪が終わって間もないが、

日の丸を背負って、

大きな重圧と戦い抜いてきた選手たちは、

余韻に浸っている間もなく、

すでに次の目標へ走り始めている。

   

フィギュアの浅田選手は、

次のソチ五輪に向け、新たな目標設定をした。

【キム選手を超えること】

これまで、 「トリプルアクセルの女王」 として

彼女との戦いを制してきたが、

バンクーバー五輪では、その圧倒的な点差に涙をのんだ。

しかし、浅田選手の演技や技術はキム選手に

劣っているとは思えない。

   

先日も評価した通り、女子フィギュアでは

誰も成功したことのなかった 「トリプルアクセル」 を

成功させることのできる高い技術を持っている。

初めての五輪では緊張もあって

全体的に硬い演技となってしまったようだが、

高い技術と演技力が正当に評価されるならば、

メダルを取ることはそれほど難しいことではなかろう。

   

浅田選手にとっては、メダルよりも

キム選手の幻影=最高得点という記録を

打ち破ることが悲願となった。

今後は、浅田選手のプライドをかけた戦いとなるであろう。

その意気やよし! 大いに応援したいものである!!

 

一方、スピードの若きエース、高木選手は、

帰国後、一晩日本に滞在した後、

ジュニアW杯、世界ジュニア選手権に出場すべく

欧州遠征に出発したという。

五輪で得た多くの教訓を胸に

未来の戦いへ、その一歩を踏み出した。

頼もしく、先の楽しみな選手である。

   

同じスピードスケートでメダリストとなった

長嶋選手と加藤選手は、勤め先より報奨金をもらったとのこと。

一部は社長のポケットマネーとのこと。

またさらに、係長、主任と役職アップもしたそうだ。

   

本来ならば、国がすべきことであって、

一企業の社長がここまで選手をサポートすることは

滅多にない事である。

   

昨年の事業仕訳によって、

オリンピック強化費の予算を削られた以上、

企業が選手をサポートせざるを得ない状況となってしまった。

ましてやこの不況の最中、身銭を切った社長の心意気やよし!

あっぱれである!!

   

今後、選手が心おきなく練習に打ち込める環境づくりや

新たな人材を育成する組織づくりを

未来の日本のために考えなければならない。

   

 

にほんブログ村 ニュースブログへ  blogram投票ボタン

新たな目標へ走り出したオリンピック選手たちに

大いなる栄光が訪れることを願って…confident

   

2010年2月28日 (日)

オリンピックの戦い終えて…

Oad1002121014002p1

間もなく、冬季オリンピックが終わろうとしてる。

この日々のために、厳しい練習に耐え、

全てを賭けてきた選手たちに、

心からねぎらいの声をかけたいと思う。

Etc1002281024000p1

ご苦労様でした。

貴方達の素晴らしいパフォーマンスに

大変感動しました。

栄冠を手にした方、悔しさに涙をのんだ方、

思うようにパフォーマンスを発揮できなかった方…

それぞれのドラマがありましたが、

どの選手たちも輝いて見えました。

ぜひ、次の大会でも貴方達の

その素晴らしい力を磨いて、見せてください。

Oai1002011338010p1

   

先日の女子フィギュアでのこと。

トリプルアクセルを成功させた浅田選手は

惜しくも1位とはなれず、2位となった。

金でなくとも、銀のメダルを取ったことは

大変な偉業である。

しかも日本のスケート界では、2大会連続となる快挙だ。

とても誇らしい事である。

   

しかし、浅田選手は悔し涙を流した…

女子では最高難度のトリプルアクセルを

成功させたにもかかわらず、

ライバルに大差をつけられて 「負けた」 からである。

確かに、トータルで見るとキム選手の方が

ミスもなくパーフェクトだったと言える。

したがって、高得点が出ることは理解できる。

Oai1002271255008p2

しかし、若干のミスはあったが、

難易度の高いトリプルアクセルを成功させた

浅田選手の評価=得点は低かった。

実際それほど差のある演技だったのだろうか?

   

男子フィギュアでも同様のことが言えるが、

ロシアのプルシェンコ選手の

4回転の評価は低く、

米国のライサチェク選手に敗れた。

インタビューでプルシェンコ選手は、

「スケートの進歩は止まった…」

と言ったそうだ。

   

以前の採点ルールであったなら、

体操選手のようにウルトラCの技=難度の高い技

を決めた選手の評価は高いものであった。

プルシェンコ選手の言葉は、

それが正しく評価されないことに対する

怒りの表現であったと思う。

もちろん、ロシアコーチ陣も大いに抗議したようだが、

結局、判定は覆らなかった。

 

このことからわかるように

判定ルールは、ある特定の国の選手に対し、

有利に働くように改定=改悪されたと言える。

それだけではなく、女子フィギュアのキム選手が

過去最高得点で優勝した裏や

米国のライサチェク選手が優勝した裏には、

あまり言いたくないことではあるが、

ジャッジメンの買収があった可能性が高い。

それでなければあの点差は付かないだろうし、

難度の高い技を決めた選手が

下位であることにはならない。

   

純粋に技術を磨き、己が精神を高め、

頂点を目指している選手などお構いなく、

一時的な国益のために

裏で薄汚い操作をしている者がいるという事実に

許しがたい怒りがわく。

Oai1002281236000p3

裏付ける事実として、

スケートのエキシビションで

浅田選手が紹介された時のアナウンスが

「トリプルアクセルの女王」

誰もがその技術の高さを認めている証拠である。

浅田選手が金メダルであってもおかしくない。

 

技術や精神力を競う

本当のオリンピックの精神は

一体どこへ消えてしまったのだろうか?

政治的要素は、介入させるべきではない。

   

にほんブログ村 ニュースブログへ  blogram投票ボタン

オリンピック選手が公正な判定によって

正しい評価を得られることを願って…confident

   

2010年2月22日 (月)

日本人として…??

バンクーバーオリンピックも中盤を過ぎ、

ご存知のように、すでに競技を終え帰国した選手、

競技真っ最中の選手、また、これから競技に臨む選手がいる。

   

今、一番白熱しているのは、

「カーリング」 と 「フィギュアスケート」 だろう。

先ほど、 「カーリング女子」 のドイツ戦が終わったようだ。

残念ながら、前日のロシア戦のように、逆転とはいかなかった。

   

「氷上のチェス」 と言われるほど、

静かな進行の中に精神的なバトル(駆け引き)がなされている。

ルールの詳細については詳しく知らないが、

選手の掛け声やアナウンスの興奮したしゃべりで

見ている我々が、かなりエキサイトしてくる。

体力をどれほど使うかはわからないが、

戦略・戦術を駆使していることはよくわかる。

なかなか面白いスポーツだ。

   

   

フィギュアスケートでは、つい先日、

高橋選手が日本フィギュアスケート界、初のメダル獲得を果たした。

銅メダルではあるが、金メダルに値すると思う。

男子フィギュアは、強敵手が多く、

なかなかメダルに手が届かなかった。

   

彼は、選手生命を危ぶまれるほどの怪我から

見事立ち直り、メダルを勝ち取った。

その不屈の精神に、 「大和魂」 を見た思いである。

心から敬意を表したい。

   

   

女子のフィギュアはこれから始まるが、

メダル獲得に期待のかかる、

「浅田選手」 や 「安藤選手」 、 「鈴木選手」 には

メダルを争える実力があることを自負して、全力で頑張ってほしい。

   

   

色々な競技の中で日本選手として、アイスダンスに出場している

「リード兄弟」 だが、米国育ちとのこと。

厭味のようで申し訳ないが、顔立ちは日本人のように見えるが、

その精神は日本人ではない。

異国の文化の中で育ったからである。

   

私見だが、アメリカの選手として出るには、

選手層が厚いため代表として選ばれる確立が低く、

逆に日系であることを利用して、

競技人口の少ない日本で選手出場権を獲得した方が

オリンピック出場の夢がかなえられる…

的な考えだったのではないだろうか?

   

「日系○○人」 などとよく言われるが、

見た目が日本人であっても、

住んでいる地域でその性分が決まってくる。

例えば、ハワイに住んでいる日系人…

見た目が日本人で日本語も話せるのでつい親しみを覚えるが、

その考え方は日本人的ではなく、アメリカ人そのものである。

   

したがって、 「リード兄弟」 も育ちが異国である以上、

日本選手として出場しているとは言え、

中身は外国人である。

彼らに聞けばわかると思うが、

「日本の為に頑張った!」

とは言わないはずである。

   

これは、決して差別などではない。

現実的なことを話しているのである。

   

   

   

現地に応援に行っている方々がたくさんいるが、

TVで見ていて、ちょっと疑問に思うことがある。

もしかしたら、彼らも日本人ではないのかもしれない。

なぜなら、日本の 「国旗」 に、

「○○選手、頑張れ!!」

など、いろいろ書かれている旗を振っている。

客観的に見て、他国でこのようなことをしている人たちを見たことがない。

   

国を愛する気持ちや日本人であることの誇りがあるのなら、

その象徴である 「国旗」 に寄せ書き(?)をするという感覚は

いかがなものだろうか?

私にはちょっと考えられないことである。

日本という国に、誇りを持っていない、あるいは

誇りを持てない人たちが増えたと言うことだろうか?

   

国の元首が短期で変わり、

あてにならない方々が政治をしている国の国民は

このようになってしまうのだろうか?

日本と言う国が、将来も存続していくには、

国民1人1人が、誇りに思えるような国づくりを

してもらいたいものである。

早くも 「引退後」 の話をしている場合ではない。

幕を引くには10年早い!!

   

   

blogram投票ボタン   にほんブログ村 ニュースブログへ

バンクーバーオリンピック出場選手に熱い応援を!  happy02 rock

2010年2月20日 (土)

やっぱり、こんなもん…?

【服装問題】 で話題の国母選手だが、

残念ながら(?)、メダルには届かなかった。

他にもメダルに届きそうな選手もいたが、

あと少しといったところだろうか…

   

相撲の世界ではないが、

【心】  【技】  【体】

の3拍子がそろわないと優秀な選手とはいえないと思う。

彼は技術的には、相当高いものを持っている。

しかし、精神面ではいかがなものだったのだろうか?

結果が物語っているとしか思えない。

   

その反面、 【スポーツ選手】 ということを意識して

取り組んでいた 「青野選手」 は

実に素晴らしい心構えだと感じた。

国の代表として出場する以上、

「自分=国の顔」 であることを自覚するのは

とても大切なことである。

このような選手が、もっともっと大きく育ってほしいと願う。

   

その辺りを意識したのかどうかは知らないが、

オリンピック団長の橋本氏は、国母選手に対し、

大いなる期待をいだいて応援したようだ。

立場上、そのような形で責任を取った(?)のだろうと思う。

   

   

そんな中、銅メダルを取った米国のラゴ選手が

不適切な行動から自主帰国したというニュースを見た。

やはり、服装の乱れは精神の乱れにもつながるという

悪い見本と私は分析している。

   

国母選手にも同様のことが言えると思う。

「流行」 なのかもしれないが、

自分自身を 【サムライ】 と思うのであれば、

常に自らを律する心があるべきで、

乱れた服装=精神は 【サムライ】 の精神とは言えない。

そこのところを理解し得ないと

彼に 【サムライ】 を語る資格はない。

   

   

 

blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

日本の為に頑張っているオリンピック選手に

応援クリックをお願いいたします  confident

   

   

2010年2月15日 (月)

金メダルジャンプの「ハリー・ポッター」

バンクーバー・オリンピックで

ジャンプの「ハリー・ポッター=シモン・アマン(スイス)」が

ノーマルヒルを制し金メダルを獲得した。

Oad1002111547000p1

ジャンプには大柄な選手が多いが、

アマン選手は日本人とそれほど変わらない小柄な体格。

空中を飛ぶ競技では体の大きな選手が有利とされているが、

彼には通用しないようだ。

   

先日のNHKスペシャル「ミラクル・ボディ」で

彼についても取り上げられていた。

そこで、さまざまな角度から科学的分析をしていたので

大変興味深く見ていた。

   

まず、驚いたのがジャンプをする踏切りのタイミングである。

何回飛んでもほとんど同じタイミングで飛んでいる。

飛び出す瞬間の速度は時速約90~100kmにもなる。

踏み切るタイミングの時間は、コンマ何秒の世界だ。

驚異的な感覚である。

   

また、他の選手と比較してもわかるが、

飛び出す時の姿勢、

つまり、滑走台を確実に蹴って飛ぶ力に変えられる形が

いつも同じであるということだ。

この姿勢についても何回飛んでもほとんど変わらない。

この姿勢を維持できるということが飛行中にも

大変有利なこととして表れている。

   

一般的にジャンプしてからは、物理学の法則に従って、

重力にひっぱられ放物線を描いて落ちてくる(?)と思っていた。

確かにTVで比較した選手の飛行中の軌跡は

そのように見えている。

つまりジャンプ台を飛び出してからは、

失速しながら落ちていくのが普通であると思っていた。

   

しかし、アマン選手は違っていたのだ。

彼の場合、加速しながら落ちているのだ。

エンジンでもついているのかと疑いたくなるほどで

普通では考えられない現象である。

   

この事実を裏付けることとなったのが、

彼の驚異的な身体能力にあった。

   

1つはバランス感覚だ。

普通、人間は両足で真っすぐ立っていても

重心が、前後左右に多少揺れるものだ。

彼の場合、前後には揺れるが、

左右にはほとんど揺れていない。

   

このバランス感覚が、

ジャンプの瞬間の体軸のブレを防いでいる。

ジャンプ台を確実に蹴って力を伝え、

その反動で飛びだすために最も重要なポイントとなる。

彼曰く…

「滑走中も飛んでいる時も

自分の体の重心がどこにあるかわかる。」

という。

   

2つ目が、空中での姿勢維持の筋肉の使い方である。

通常は、リラックスして空中に飛び出し、

飛行姿勢を維持するのだが、

これでは横風を受けた途端に姿勢が崩れることになる。

   

ところが彼はこの飛行姿勢を維持するために

全身の筋肉を効率良く使っている。

飛行姿勢をきちんと作ることで

横風に吹かれても、全くと言っていいほど影響を受けずに

飛び続けることができている。

   

他の選手には見られない、

この驚異的な身体能力こそが

彼の強さの秘訣であったのだ。

 

   

Oad1002121014002p1

ノーマルヒルでは、日本人選手が振るわなかったが、

つぎのラージヒルでは、アマン選手のジャンプを参考に

日本の選手も飛べるようにあればいいのだが…

   

   

blogram投票ボタン    にほんブログ村 ニュースブログへ

日本選手に熱い応援クリックをお願いします。confident

   

   

2010年2月14日 (日)

メダルへの道…

バンクーバーオリンピックの競技が始まった。

先陣をきったスキーの 「モーグル」、「ジャンプ」。

残念ながらメダルには届かなかった…

どの種目の選手もそこそこ年齢の高い方達ばかりだ。

他国のように10~20代若い選手が少ない。

   

一生懸命やってきた選手には申し訳ないのだが、

一般的に言って、特に30代の女性の体力については

とっくにピークを過ぎているものである。

あとは、気力がどこまで衰えた体力を

カバーできるかにかかっている。

私自身も経験している話なので、

長い間、特定のスポーツにかかわったことのない方には

理解しにくいかもしれない。

一時期の 「キレ」 は鈍り、

タイミングを取ることが難しくなってくる。

   

「あれ…?」

と感じているうちはまだ良いのだが

「おかしい…」

と感じた時は、ピークの時の感覚とは相当ずれている。

これは、どんなにトレーニングしてもカバーしきれない。

いわゆる、 「老化」 であるから如何ともし難い問題である。

   

しかし、この日のためにすべてを注いできたのだから、

気持ちとしては 「メダル」 を取ってほしかったと思う。

   

   

話は違うが、先日来、NHKスペシャルで

ダウンヒル、スケートなどを題材にし、

「ミラクルボディ」

なる番組を放映している。

   

大変興味を持って見のだが、

「なるほど!」 と、とても勉強になった反面、

とても残念に思ったことがある。

   

それは、選手が練習中に怪我をした内容について

克明に表現されていたことである。

はっきり言って、 「あり得ない!」

である。

   

スポーツには、怪我がつきものだが、

オリンピックのような世界のTopを目指すような競技には

選手生命さえ危ぶまれるような重篤な障害を負うことがある。

そのような怪我をした選手にとって、

競技に復帰することは、地獄の苦しみだ。

這い上がるにしても±0からではなく、

マイナスからの再スタートである。

信じられないような精神力がなければ

それを乗り越えることなどできない。

   

かの番組では、

そうやって這い上がってきた(?)選手を紹介していた。

   

しかし、その怪我をしたことを公にする必要があったのであろうか?

「美談」 としては成り立つのかもしれないが、

自分の弱点をさらしていることになる。

   

私自身の行ってきたスポーツでは、

弱点をさらすことは、致命的であった。

   

意地悪な表現であるが、

はたして、今回のオリンピックで、

TV番組に出ていた選手たちが

どのような活躍をするのかとても興味深い。

   

   

   

マイナスなイメージになってしまったが、

競技の残っている、他の日本人選手の活躍を

心より願っている。

   

   

 

blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログへ

日本選手への応援クリックをお願いいたします  confident

   

2010年2月13日 (土)

「日本の代表」であると言うことは…?

いよいよ 「バンクーバーオリンピック」 が始まる。

この日の為に、少なくとも4年という歳月を費やしてきた選手たちには、

そのパフォーマンスを最大限に発揮してほしいと思う。

願わくば、メダルに手が届くことを切に願うものである。

   

   

その冬季オリンピックの数々の種目の中の1つ。

個人的には、どうも好きになれない 「スーノーボード」 。

彼のような 「礼節」 を伴わない人間がいるためだ。

   

【国を代表してオリンピックに出場する】

と言う意味がわかっているのだろうか?

どこの国に 「鼻ピアス」 と 「ドレッドヘア」 で

公の場に出てくる選手がいるのだろう?

よっぽど、ちょんまげでも結って出てくれた方がましである。

「出場選手=その国の顔」

ということを全くわかっていない。

   

なぜこのような人間を選手として出場させるのか理解に苦しむ。

メダルを取ることだけが目的ではないはずだ。

   

 

blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログへ

日本選手への応援クリックをお願いいたします  confident

   

2010年1月18日 (月)

名投手、逝く…

巨人キラーの名投手として名を馳せた

「小林繁 氏が、亡くなった…」

というニュースにとても驚き、

また早すぎる死にとても残念な思いがこみ上げてきた。

   

「小林投手」 というと

あのドラフト騒動は誰もが知るところである。

「江川卓」 氏の巨人軍入団により、

電撃トレードされたあの事件である。

   

当時、「江川」氏は、【逆指名で入団】などとマスコミで言われていたので

「巨人に入団したいがために、ずいぶんと強引な手段にでたものだ」、

また、その裏でトレードに出された 「小林」 氏は、

とても悔しい思いがあったのではないだろうか。

「プロなのだから、力のある人が残る」

自分とは無縁の厳しい世界と受け止めていた。

 

しかし、移籍後の目覚しい活躍ぶりに、目を見張る思いだった。

「さすが、プロフェッショナル!」

あの独特なフォームから繰り出される変化球に、

バットが空を切るのを見ると

「すごい…」

と、感嘆し、その一投一投に魅せられた。

日本のプロ野球の一時代を築き上げたその功績には

計り知れないものがある。

   

後進のために、もっと活躍していただきたかったのだが…

とても残念である。

   

 

blogram投票ボタン  にほんブログ村 ニュースブログへ  ブログランキング・にほんブログ村へ

   

     

2009年12月16日 (水)

「ヤンキースの松井」 から 「エンゼルスの松井」 へ…

   連日の 「亡国政権」 の話で嫌気がさしてくる今日この頃…

   残念ながら、ヤンキースに残留することができなかった松井選手だが、エンゼルスに移籍先が決りそうであるとのこと。 「ほっと、一安心…」 といった感がある。

   ニューヨークのヤンキースファンの多くは、 「松井がいたからワールドシリーズに勝つことができた。」 と言っている。それほどインパクトのあるプレーをしたということである。 同じ日本人として、とても誇りに思うことだ。

Mlb0911052225016p2

   その意味でも、メジャーで活躍する日本人選手は一人でも多くいた方がいい。 「これが日本の野球だ!」 とそのパフォーマンスを発揮してほしいものである。

   他にも続々とメジャーを目指して渡米する選手がいると思うが、果たして彼らのように多くのファンに期待されるような活躍できるかどうかは、わからない。

   しかし、松井選手にはもちろん、数々の記録を作っている 「マリナーズのイチロー」 選手、 「レッドソックスの松坂」 選手などなど、またこれからも活躍するであろう渡米した日本人選手たちの大いなる活躍を期待したいと思う。

   

 

blogram投票ボタン    にほんブログ村 ニュースブログへ    ブログランキング・にほんブログ村へ

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

皆さまの応援クリック、よろしくお願いします。