フォト

応援クリックお願いします。m(_ _)m

  • クリック募金にご協力を
  • 「ニュース批評」のバナー
    にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
  • 「ニュース」のバナー
    にほんブログ村 ニュースブログへ
  • Blog Rankingのバナー
    人気ブログランキングへ
  • blogramのバナー
    blogram投票ボタン
  • アクセスカウンターや時計、ブログのエントリに応じて変化する面白いパーツです!
無料ブログはココログ

映画・テレビ

2012年12月18日 (火)

東京都知事選と衆議院選

選挙から2日経った。

 

昨日、仕事場の仲間の何人かに選挙に行ったか聞いてみた。

理由は、ニュースで投票率が50%以下という事実を確かめたかったからだ。
まさか、そんなはずはないという思いがあった。

ところが、ニュースは事実を物語っていた。
実にショックであった。

選挙に行かなかった理由を聞くと・・・

Aさん : 今回は、様子見で。

Bさん : 誰に投票しても何も変わらないから、行っても無駄です。

これ以上、聞く気にはなれなかった。

 

今回の選挙はこれからの日本を決定ずける
重要なターニングポイントであったと思う。

この時点で一国民としての義務を
果たそうとしない人間がいることに驚いた。

結局このような人たちは時代の変化についていけないまま
人生を終わってしまうのであろう。

 

 

もっと驚いた人物がいた。
投票したけど全く意味を理解していなかったようである。

投票所にポスターが貼ってあると思ったそうで、
名前ではなく、顔で覚えていたとのこと。

結局どうしたかと言うと、名前と顔が一致しなかったので
名前の書いてある表を見て、一番右の人の名前を書いたそうだ。

所属する政党もわからず、名前もわからず、
適当に書いて投票したということになる。

投票しなかった人よりも、性質が悪い。

その票が、民意としての1票としてカウントされてしまったことになる。

よくよく聞くとこれまで選挙で投票したことがなく、
今回が初めてだったとのこと。最悪である。

 

このような人たちがどのくらいいるのであろうか?
真剣に考えて票を投じた人たちもいるのに
とんでもない話である。
AKBの人気投票ではないのだ。

 

 

 

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村

blogramによるブログ分析 応援クリックありがとうございます。happy01

 

 

2012年11月14日 (水)

女優の森光子さん、死去…

『映画、テレビ、舞台などで活躍されていた森光子さんが亡くなられました。』

 

 

このニュースを聞いた時は、本当にショックでした。

謹んで、ご冥福をお祈りいたします。

 

 

2011年4月30日 (土)

黒い波…

日本大震災にて、

亡くなられた方々の

ご冥福をお祈りしますとともに、

被災された方々、

および、ご家族・ご関係者の方々に

心よりお見舞い申し上げます。

 

 

あれからすでに2ケ月近くが経とうとしている。

ユーチューブの記者が語っている目の前の出来事に、

今見ても鳥肌の立つ恐ろしさである。

また、まだ近くに救助を求める人が何人もいたにもかかわらず

手を差し伸べることができず、命を落としてしまった…

まさに非情の世界である。

 

逃げる間もなく、命を落としてしまった方も数多いであろう…

かろうじて生き残った人々には恐怖と絶望感、喪失感など

様々な感情に押しつぶされている。

 

このような方々がいらっしゃるにもかかわらず、

大変、不謹慎なことを申し上げるようであるが

どうかお許しを頂きたい。

 

特に、わが国においては、

地震と津波はセットで訪れることが多い。

今回の被災で亡くなった方のほとんどが

津波にのまれてしまったことにその原因があると聞く。


後世のためにも、

また世界への発信のためにも

「TSUNAMI・ミュージアム」

というものを建設し残してはどうか。

このような発想は、次の発展のために、

いわゆる東北の観光収入とするのも1つの方法である。

「負の遺産」ではあるが、ある地域で先人の教えとして

「地震がきたら、これより先の高台へ避難しろ」

という石碑があったように

なぜそうしなければならないのか、

また災害に遭わないための防災対策は、どうあるべきなのか、

その資料館としても大変に意義のあることだと思う。

(このアイディアの出所は、私が「師」と仰ぐ方のものである。)

 

Dst11040917260045p1

被災地では、今なおがれきがあちこちに散乱し、

腐敗臭が漂っている…

今の日本人の技術があれば、

この臭いそのものも、そこに残すことが可能なのではないか。

そうすればリアリズムをともなったミュージアムとして

世界各国から観光客が訪れるに違いない。

Dst11040917260045p2

   

 

かつて、日本国はあの戦争において、

主要都市はもちろんのこと、

国民全員を皆殺しにするために

米軍の落とした焼夷弾(ナパーム弾)によって

その国土は、焦土と化した。

さらに、追い打ちをかけるがごとく、

原子爆弾を2発も落とされた…

 

何十万という人々が亡くなり、

何もなくなった焼け野原…。

我が国「日本」は、そこからわずか10数年で

オリンピックを開催するほどの

大成長をとげた国である。

 

今回の震災は、

確かに大きな国難であることは間違のない事実である。

しかし、我々日本人は、日本人としての誇りを胸に

再び大いなる成長へと向かってゆかなければならない。

犠牲となってしまった人々のためにも

世界に冠たる新たな日本国の建設を

やり遂げなければならない。

 

 

 

 

2011年3月15日 (火)

この非常事態にあっても…

石原都知事と蓮舫氏が会談したそうだ。
pcsoon 産経ニュース

未曾有の地震被害=津波が
どのように発生したのか
素人でもわかるような解説を
テレビでも放映していた。
pcsoon津波の恐怖を語る記事(産経ニュースより)

石原知事は、
日本が地震によって津波が襲い、
大きな被害を受けるということを
よくご存知の方である。

従って、今回のような巨大地震が
東京湾近辺で起こった場合、
想像を絶する津波が襲ってくることを懸念し、
たとえ時間がかかろうとも
「スーパー堤防」
を作るべきだと説いておられる。

それに対し、
時間をかけて
そのようなものを作る意味がわからない
という理由で仕分けにより、
予算削減の対象となってしまった。

言葉は悪いが、
この女、日本をつぶす気だ。
何故、異人を政治の分野に
介入させたのだろう?

  
  

現在、日本の中枢は東京にある。
今の政権を見ていればわかるが、
全く機能していない。
それでも、東京がやられてしまえば、
日本そのものが無くなってしまうくらいの
打撃を受けるはずだ。

ある方のブログでは、
「この女、絶対に許せない!」
といった批判も出ている。
同感である。

  
  

今、我々日本人は、
日本人であることを誇りに
この悲惨な状況から
再び立ち上がることを
目指さねばならない。

そうでなければ、
大和のご先祖様に申し訳が立たぬ。

  

2011年3月13日 (日)

東日本巨大地震

震災にあわれた方、
関係者の方々に
心からお見舞い申し上げます。

また、自衛隊の方々や
警察関係の方々など
救援活動を続けていらっしゃる方々、
まだまだ危険な状況の中の活動に
頭の下がる思いです。

 

私は、東京にいてこの地震にみまわれました。
仕事場の内装には亀裂が走り、
建物の土台には地割れや陥没跡が…
生きた心地がしませんでした。

東北地方の方々は、
もっとひどかったに違いありません。

   
   

日を追うごとに
明らかになってくる
被災地の様子。

いくつかのTV映像は、
目を覆うばかりの悲惨な状況が…

ふと、疑問に思うことがあります。
これらの映像を撮っているのは、
いったい誰?

目の前に迫る津波を
撮影しているのは誰?

いくつかの映像は、
携帯電話のビデオ画像のようです。

 
 
 

日本は有数の地震国です。
津波は、英語でも
Tsunami です。

日本語から始まった
世界共通の言葉です。

つまり、
昔から日本では、
地震とともに津波がやってくる
という認識が日本人にはありました。

津波はすべてをさらい、
破壊する自然の脅威であるということを…

にもかかわらず、
このように平然と撮影できるという神経は
どんなものだろうという
疑問がわきます。

他の映像を見ても
わざわざ海辺にまで出て
津波が押し寄せてくる様を
眺めている人たちがいる。

映画やドラマではないのだ。
目の前に自然の脅威が
迫ってきているのだ。

津波で流され、
なくなってしまった方々の多くは、
このような人たちであろう。
その自然の脅威を
まったく分かっていないとしか思えない。

この場合は、「災害」ではなく
「人災」と言えるものであろう。

海洋で地震が起これば、
津波が来るのはわかりきったこと。

まるで記者のごとく、
撮影することがいいのだろうか?
命の危険が迫っているのに
このような神経では、
言いたくないが、
仕方のないことなのだと思う。

2011年2月24日 (木)

ニュージーランド地震

彼の地、ニュージーランドで
震災にあった日本人の方々に、
心からお見舞いの意を表したいと思います。

夢を胸に語学学習にと海外へ向かった若き人々…
一瞬の出来事になす術もなかったことでしょう。

まだ無事を確認できていない方たちが
1秒でも早く見つかることを願っています。

  
  
  
  

前回の更新以来、
およそ1年が経過しました。
政治的な批判を中心に
わが日本の行く末を案じて記事にしております。
正しい目で正しい心で全てを
見つめていきたいと思っています。

表題の「ニュージーランド地震」について
わが国の政府関係者は、
ご自身の進退問題や政権奪取に
躍起になっている始末。

異国の地で未来を担う同胞が苦しんでいるのに
小沢がどうのこうの…
辞職届がどうのこうの…
こいつら馬鹿か?と思う。
(言葉が悪くてすみません)

もし、彼らの家族や親類などが
災害に見舞われた時には
どのような態度に変わるのだろうか?
政治的な権力を傘に
身内の安全確保を
優先するのではないだろうか?

今の政治家たちに、
日本を輝く未来へとカジ取りする力はもはやない。
お引取り願いたいものである。

2009年12月26日 (土)

「ラスト・サムライ」におけるスピリットと 「亡国政権」 鳩山首相の精神構造

   日本TV金曜ロードショーで 「ラスト・サムライ」 を見た。この映画を見ると心の奥底にあるものを揺さぶられるような気がするのはなぜだろうか? やはり日本人の精神がそこに描かれているからであろうか?

009

   ハリウッド映画として 「武士道精神」 を描いたものとしてはこれが初めてではないかと思っている。 その描写も我々日本人にとって、ほとんど違和感のないものとして感じられたのがとても印象的な映画である。

001

   主演のトム・クルーズの演技も実にすばらしく、日本人も納得の 「サムライ・スピリッツ」 を見事に演じている。 また、 「勝元」 役の渡辺謙さんや真田広之さんらの迫力のある演技も実に見ごたえのあるものであった。

006

   「サムライ」 の精神は、戦場だけにとどまらず、日常の中に脈々と生きているものである。日々、自己研さんに努め、肉体のみならず、その精神をより高きへと高める努力を惜しまないものである。したがって、 「武士道とは何か?」 と問われた時、それを言葉や文章に表すことは大変難しいものだと思う。  「武士道」 は先にも挙げたように、生活そのものがその精神につながるものであって、呼吸一つとっても、立ち居振る舞いをとってもそこに端を発する。

   映画では、勝元が最後に 「我にも名誉を…」 とオルグレン大尉の介添えで自害する。 900年続いた一族の誇りと名誉を守るためのものであったと私は理解している。

   

   

   話は変わるが、我が国の首相は、献金問題についてしどろもどろ(?)の釈明会見を行ったようである。下手な言い訳など聞きたくもないのだが、自分の預かり知らぬところで秘書殿が勝手にやったことなどと言っている。

   全くもって

「潔さ」

が感じられない。はっきり言って、胸糞が悪くなってくる。彼に

「責任を取って、腹を切れ!」

と言ったら、きっといろいろな言い訳をして逃げるであろうことは想像に難くない。 それを裏付けるのが会見時の

「辞めろと言う国民の声が圧倒的になった場合には尊重しなければならないが、そうならないように最善を尽くす」

である。いや、腹を切って辞めてほしいと思う。

   あれだけの巨額な資金が動かされているのに知らなかったなどという言い訳を誰が信じるのであろう? それがもし本当なら、

「ただのアホ」

である。 一国の首相を愚弄するようで申し訳ないのだが、それが事実である。 もはや、こんなお方に国のかじ取りをお願いするわけにはいかないと思う。このままかじ取りを任せていたら、日本が崩壊するのは目に見えている。

   

   

 

blogram投票ボタン    にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ    ブログランキング・にほんブログ村へ

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

皆さまの応援クリック、よろしくお願いします。

    

   

   

2009年11月30日 (月)

「採点内容読むな」にリングアナ激怒、TBSを猛批判 内藤×亀田戦

TBSは、そこにかかわる人間の存在すら単なる道具としか見ておらず、 「視聴率稼ぎ=営利主義」 が見え見えで、とんでもない局ですね…

不祥事続きのこの放送局は、一体何を考えているのでしょう?

リングアナの富樫氏のお怒りは、視聴者の我々にも十分理解できます。

「報道の自由」 といっても、そこには 「モラル」 が存在する。

「モラル」 は、わざわざ文章化するものではなく、不文律でもあり、常識ともいえる。

「モラル」 の欠如した局は、存在する価値はないと思う。

 

産経ニュース(Web)より

 29日夜に行われた内藤大助(35)vs亀田興毅(23)のプロボクシングWBCフライ級タイトルマッチの舞台裏で、中継局のTBSが判定の採点内容を読み上げないよう、リングアナウンサーに指示していたことが分かった。

 「こういうことが起こるなら、もう2度とTBSとは仕事をしない」。この一戦でリングアナを務めた富樫光明氏(38)が試合後、怒り心頭で格闘技ジャーナリストの片岡亮氏にその内容を語った。

 富樫氏はJBCのライセンスを受けた公式リングアナで、日本で行われる多くの世界戦を10年以上にわたって手がけてきた。富樫氏がこの日、最初にTBS側に不信感を覚えたのは、王者と挑戦者が入場する際に俳優の小出恵介がアナウンスを務めたこと。富樫氏は事前に説明を受けておらず「なぜ世界戦でライセンスもない素人を起用するのか」と首をひねった。同局ドラマの番組宣伝を兼ねる格好になった小出は、肝心の場面で「WBC世界フライト級~」と言い間違えた。

 さらに試合途中、中継を担当するTBSのディレクターが富樫氏に対して「試合後は勝者だけ読み上げて判定の採点内容は読まないでほしい」と要請があったという。しかし富樫氏は試合を締めくくる上で不可欠な情報と判断し、指示を振り切る形で採点内容を読み上げた。

 会場で両者のごたごたを目にした片岡氏は「TBS側の意図は定かでないが、4ラウンド終了時に発表された採点に会場から疑問の声も上がったため、(2006年に興毅がWBAライトフライ級王者となった)ランダエタ戦の疑惑判定で抗議が殺到したトラウマがよみがえったか。あるいは勝者のコメントを番組の中に入れたかったが、放送時間が押していて端折ろうと考えたのではないか」とみる。

 世界タイトル戦で、採点内容も明かさずに「判定勝ち」という結果だけ伝えれば、スポーツとして形をなさない。暴挙はリングアナの良心によって事なきを得た格好だ。

   

同ニュース(Web)より

 男子ゴルフの石川遼(18)が出場した「カシオワールドオープン」(Kochi黒潮CC)最終日の29日、石川を取材する中継局のTBSスタッフが運転するカートが暴走し、ギャラリー4人に重軽傷を負わせた事故で、同じカートが2日目にも大会運営スタッフから、強引な運転を注意されていたことがわかった。

 2番パー3のコースで起きた惨劇。女性の悲鳴が相次いだ後、聞こえてきたのは、大会運営スタッフの「このカート、ずっとマークしていたんだ!!」という怒声だった。

 カートを運転していたのは、大会を中継するTBSが委託する制作会社の男性カメラマン。石川ら最終組の第1打を打ち終わった後、コース脇の急な下り坂のカート道を走行中に突如向きを変え、ギャラリーの中に突っ込んだ。10メートル以上引きずられた高知市の30代の女性は左顔半分の擦過傷がひどく、担架に乗せられ救急車で高知市内の病院へ。左眼窩底骨折が判明した。ほかに3人が軽傷を負った。高知県警安芸署は、業務上過失致傷の疑いで、カートに乗っていた2人や関係者から任意で事情を聴いた。

 このカメラマンはカートの強引な運転など大会運営を妨げるとして、大会第2日(27日)にも注意されイエローカードを出されていたという。

   

blogram投票ボタン    にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

にほんブログ村 ニュースブログへ    ブログランキング・にほんブログ村へ

アクセスランキングに参加しております。

皆様の応援クリック、よろしくお願いいたします。m(_ _)m

 

2009年9月20日 (日)

覚せい剤や薬物犯罪の過剰な報道…

彼女のファンの方には申し訳ないが

二度とTVに出てきてほしくない。

和田あきこさんも仰ってます。

   

なぜ、いとも簡単に保釈されてきてしまうのか?

一般の人たちへの影響ということを全く考えていないと思う。

お金を払えばシャバに出てこれるのだから

   

記者会見を行うことすら、

常識では考えられないことだ。

もし、このことに異論を唱える方がいらっしゃるのであれば、

その考え方が間違っているとしか思えない。

   

法を犯した者が所から出てきた途端、

微笑んで形ばかりの謝罪(?)の言葉を述べ、

そそくさと車に乗り込む。

そして、会見では

「さすがタレント!」

と言いたくなるような演技(?)で涙を見せ謝罪を述べる。

   

一見、感動的ではあるが売名行為に他ならない。

また、この会見を設定した芸能事務所も

その根底に拝金主義の考え方があるのは明白だ。

   

   

以前、彼女の出演した映画が公開中止となった。

亡くなってしまった監督の遺作であるから、

中止は、今回の事件のことと何ら関係ないと

関係者が中止に対して異議を唱えているようだが

これについても甚だ疑問に思う。

芸術的に価値があるかどうかはわからないが、

これも、このような世間を騒がすようなタレントを

出演者として使ってしまったがゆえに

日の目を見ることのできない状況に陥ってしまった

としか言いようがない。

とても残念なことである。

   

   

   

ある大物女優さんがおっしゃっていたように

「もう、この報道にはうんざり…」

である。

はっきり言って、どのような処罰が下されようが

こちらとしては全く興味がないので、知りたくもない。

くだらない人間の犯した犯罪について

そのいきさつや裁判の成り行きなどについて

追いかけまわすより、

もっともっと大切な報道すべき事項はたくさんあるはずだ。

マスコミの方々はもっと考えてほしい。

これは、「報道の自由」 でも 「知る権利」 でもない。

 

   

   

   

先日、国際宇宙ステーションへ

貨物物資を運ぶためのロケットが打ち上げられた。

純国産のロケットであり、

しかも秒速8kmで飛び回るステーションと

速度を合わせながら接近し、

ロボットアームで回収&ドッキング!

難しい技術を独自で開発し、

見事に成功させた瞬間である。

このような国際貢献につながる事柄に

何の関心も向けられないようでは

果たしてマスコミとしての価値があるのか?

   

 

戦時中のウソ報道をした某新聞2社(売国奴)と

何ら変わりないではないか。

面白おかしく騒ぎ立て、

民衆を惑わすその精神には

愛想が尽きる。

   

   

 

   

ブログランキング・にほんブログ村へ

   

 

   

2009年8月15日 (土)

終戦記念日に思うこと…

今日は、終戦記念日・・・

日本のために命をかけて戦ってくれた日本人兵士のために祈る日である。

このように書くと、右だ左だと言う輩がいるが

それは間違った考えである。

今の日本があるのは、祖国のために戦ってくれた彼らがいてくれたからに他ならない。

その感謝の気持ちを込めて祈るべきである。

   

今の日本を見たら、彼らは何と言うだろうか?

「こんな日本にするために命をかけたのか・・・」

などと思われないようにしたいものである。

   

TVでは、ほとんど終戦に関する話題が取り上げられていない。

あってもおざなり程度と感じるものが多い。

フジTVでは、 「硫黄島からの手紙」 を放映しているが、

アメリカの映画であって、日本の映画ではない。

しかも、アメリカの監督、クリント・イーストウッド氏の考えで作られたものである。

   

クリント・イーストウッド氏は、僕の好きな俳優ではあるが、

果たしてこの映画が真実を語っているかどうかは定かでない。

しかし、日本のTop俳優が演じているのだから

かなり真実に近いものはあるだろうと信じたい。

    

   

いずれにせよ、このように過酷で悲惨な戦争を経て

今の時代があることを忘れてはならない。

   

   

  ブログランキング・にほんブログ村へ