フォト

応援クリックお願いします。m(_ _)m

  • クリック募金にご協力を
  • 「ニュース批評」のバナー
    にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
  • 「ニュース」のバナー
    にほんブログ村 ニュースブログへ
  • Blog Rankingのバナー
    人気ブログランキングへ
  • blogramのバナー
    blogram投票ボタン
  • アクセスカウンターや時計、ブログのエントリに応じて変化する面白いパーツです!
無料ブログはココログ

健康

2011年5月 6日 (金)

ユッケ食中毒(O-111)

ユッケによる食中毒で4人死亡…

震災後で、復興に向け、

世の中の消費活動を停滞させないようにと

頑張ろうとしている矢先にこのニュースである。

私自身は、菜食が基本なので肉食に縁がない。

とは言え、許せない事件である。

 

5月6日の今日、「立夏」を迎え、暦の上でも夏だ。

季節的にも食中毒の危険性が高まる時期

であるにもかかわらず、営利目的のために

生食に適さない食肉を提供しているこの会社の

社長の強欲には、反吐が出る。

 

最初の記者会見の時の態度は、

誰が見ても明らかなように、

「他の会社でも同じことをしているのに、

 何故、うちの会社がこんな目に遭うのか?」

のようなニュアンスが見て取れた。

言葉では謝罪を述べていても

顔つきを見ればわかることである。

 

加えて言うなら、

4人目の死亡が報道されたとたんに

土下座してみたり、涙を流してみたり、

完全なるパフォーマンスで

アカデミー賞でも授けてあげたいくらいの名演技だった。

 

国の長が無責任なら、

その国民も無責任と化すのだろうか…?

周りが同じことをしていたら、

自分も同じでいいのであろうか?

悪いことを「是」としてしまう精神性に疑問を感じる。

 

純然たる日本人であるならば、

そこは例え村八分の目に遭おうと

悪とは縁を切るべきである。

 

 

政府にあっては、

この事態を招いた後に、

「法的規制の強化を」

などとほざいている。

あの「スーパー堤防」を否定した方である。

事が起こる前に考えるべき問題だったのではないのか?

自分の利権を追及しているからこんなことになるのだ。

そのことに気づけないものは去るべしっ!

 

政府がどうであれ、

彼のような人間が食を取り扱うことができないよう

厳罰に処すべきである。

 

とにかく、

こんな事件はもう聞きたくないっ!

見たくないっ!

「新日本」を建設できる人材の登場を切に願う!!

 

 

 

2009年12月 4日 (金)

タバコの値上がり=増税…

タバコ増税について、ちょうどブログネタでも取り上げられていたので、一言。

ブログネタ: たばこ税が上がっても喫煙する? それとも禁煙?参加数

   

私も、かつては、タバコを吸っていた人間である。吸っている時は、食後の一服、仕事の合間に一服、待ち合わせで一服、飲みながら一服… などなど、吸う機会はたくさんある。

   

タバコをすい始めたきっかけ…

大学時代の部活で先輩の 「お~いっ!」 の一言ですっ飛んで行って差し出さねばならなかったことがあった。そのタバコは、自腹で購入して、すぐに差し出せるよう、常に所持していなければならなかった。

つまり、タダで吸わせてやるのである。 「こんな理不尽なことはない!」 と吸ってみたのが始まりだ。

最初の頃は、1日に1~2本で喉が痛くなって声も出なくなるくらいだったが、次第に慣れ、3本、4本、5本…と増えていった。

この程度だと、しばらく吸わなくても何とも思わないのだが、人に吸わせるくらいならと、自分で吸い続けているうちに、完全に習慣化した。

習慣化すると、なかなかやめられない。友人と禁煙競争し、 「負けたら1万円の罰金!」 とお金が絡んでもやめられなかった。

それでも、せいぜい2~3日に1箱くらいで、ヘビースモーカーにはならなかったから、まだましな方かもしれない。

喫煙を始めてから約20年近く経って、健康を理由にスパッとやめた。特に、具合が悪くなったわけではないが、運動時に呼吸が苦しいのと、このまま吸い続けていれば、いずれ病気に発展するのが十分に分かっていたからである。

   

   

お題から話がそれてしまったので、元にもどすことにする。

当時のタバコは、確か180円くらいだったと記憶している。それが、200円… 220円… 240円… となっていった。 積極的に納税に励んでいた(?)ともいえる。

個人的には、すでにやめているので、これから先はタバコ納税者になるつもりは全くないし、他の方々にも禁煙をオススメしたい。

   

   

   

鳩山政権が、さまざまなでっち上げのマニフェストを上げてそれを実施しておられますが、そのほとんどが新たな財源がなければ出来ないことが多々ある。

タバコの増税もその一環なのであろうが、その程度で財源が確保できるのであろうか?

国民の健康のために… 的な表現もあるようだが、もし本当にそのことについてお考えならば、増税することによって、積極的な納税者(?)が減ってしまうことは自明の理である。

だとすれば、どうやって財源を確保するのであろうか?

もしかしたら、どなたかがこっそりと贈与してくれるのでしょうか?

 

   

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生活空間へ

にほんブログ村 ニュースブログへ   にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

ブログランキング・にほんブログ村へ   blogram投票ボタン

アクセスランキングに参加しております。

皆様の応援クリック、よろしくお願いいたします。happy01

   

   

2009年10月15日 (木)

介護に関する記事を読んで思ったこと…

産経ニュース

生活のカテゴリー

pcゆうゆうLife 」 の記事を読んでいて、

この投稿された方の心情を思うと

とても悲しくなった。

   

介護事業に勤める人にとって、

低賃金で重労働である介護。

   

だからといって、

この方の仰るように、

こんな事務的で冷たい対応でよいのであろうか?

人と人との関わりはどうなってしまったのだろう?

大きな疑問がわいてくる。

   

pc 別の記事 では、

家族もろくに面会に来ない

認知症お年寄りが、

このヘルパーさんの名前だけは忘れずにいてくれる。

彼女の介護の手を必要としている…

そのことだけで、自分の家庭を犠牲にしながらも

がんばって働いている方もいる。

   

全部が全部、

かのような物を扱うがごときではないと思うが

なんとも切なくなる。

   

   

   

自分にも、介護を必要としている親がいるが

家族にきちんと看てくれる者がいるので

その点については、気にすることもあまりない。

しかし、そうでない方たちにとっては、

まさに、 「日々が、戦い」 であろう。

   

   

少子高齢化社会をむかえ、

今後、ますます増えてゆくであろう

介護を必要とする高齢者たちと

その介護に携わる回りの家族のことも

きちんと考えた社会作りをしなければならない。

   

   

   

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生活空間へ    にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ    にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

   

2009年10月12日 (月)

インフルエンザ罹患… そして、リレンザで回復

ちょうど1週間前の月曜日に、子供が発熱した。

熱を計ると、38.8℃…

早目に休ませたが、

翌日の朝には、39℃を越えた。

   

「これは、インフルエンザか…?」

幸い(?)、会社は休みをもらっていたので

朝一番でインフルエンザ相談センターへ連絡し、

最寄りの病院を確認し、

すぐ連れて行った。

   

検査の結果、

新型インフルエンザに感染していることが判明…

即刻、学校や自分の勤め先に連絡し、

状況を説明。

学校は1週間の休みと

当然のことながら、

家族に感染者が出たということで

会社は、感染の恐れがなくなるまで出勤停止…

   

前日から

何となく様子がおかしいのには

気づいていたのだが、

インフルエンザとは思ってもみなかった。

   

あれほど、

「外出から帰ったら、

手洗い・うがいを忘れるな!」

と口酸っぱく言っていたのだが、

罹ってしまっては

元も子もない。

   

問題は、

家族間で感染が

広がらないようにしなければならないことだ。

   

家族に糖尿病の者がいる私にとって

子供がインフルエンザに罹ったことは

重大な問題である。

   

まさか、治癒するまで

別居するわけにもいかないので、

子供を部屋に隔離し、

看病については自分がすることで

感染を防ぐしかなかった。

   

病院で処方を受け、

帰りの薬局で処方箋を受け取る傍ら、

感染拡大防止のための

空間除菌効果のある

二酸化塩素を放出する

「クレベリンゲル」

を購入。

   41afwwdzydl__sl500_aa280_

帰宅後、すぐに隔離部屋と

居間に設置した。

   

今思うと、家族に感染が

広がらなかった1つの要因は、

この 「クレベリンゲル」 の除菌効果にあったと思う。

   

また、シャープの

プラズマクラスターイオン放出の

空気清浄器があったので、

その相乗効果(?)かもしれない。

   

 

   Item1

   Item2

また、処方された

「リレンザ」

で、発熱後、2日目には

発症時と同様、

短期間で、平熱まで下がった。

   

今、タミフル耐性の菌が出てきている中、

「リレンザ」

を処方してもらったおかげでもあると思っている。

   

   

初期の対応が早ければ、

軽症ですむと言われる新型インフルエンザだが、

家族にハイリスクの者がいると

ちょっと、焦ってしまう。

しかし、冷静に対処すれば、

何とかしのげるということが分かった。